誰もが憧れるネイティブ英語

*

英語を聞くだけで、特にネイティブの英語に対して思わず身構えてしまうなどの 英語苦手コンプレックスを抱える日本人は少なくないでしょう。 その原因として、まず読み書き中心の文法に重点を置いた日本の英語教育、 そして、ネイティブの発音ができない日本人の先生から学んだことが挙げられます。 このような教育だけではネイティブの英語を聞き取ることは困難です。

*

文法の勉強よりも、普段からネイティブの英語を「聞く」習慣を持てば聞き取る力が付き、 自身の口からも自然にネイティブのような発音ができるようになります。 これは私達が生まれた時からずっと何の気なく日本語を聞き続け、使用し続けた 結果自然と身につけたのと同じです。 ネイティブの英語を聞き取れるようになるためには、とにかくネイティブの英語を毎日聞き、 「英語に対応できる耳」になることが一番の近道です。

読み書きの英語の勉強はほとんど 必要無いでしょう。 他に、良い方法として吹き替えでない映画を見てみるのもおすすめです。 耳が慣れてきた頃にまた同じ作品を見れば、上達したことが実感できるでしょう。 そして、ネイティブと英語で話せるようになったら、旅行や留学など 何か目標を持つと良いかもしれません。 あと、「英語は難しい」という思い込みも上達を妨げる一因といえます。 まずはどれだけ長い時間たくさんのネイティブ英語を聞き込むことができるかが大事です。 勉強と思わず、楽しむことが大切でしょう。

日本人は発音が苦手

日本人の英語の発音は悪いと思われがちですが、原因は一体どこにあるのでしょうか。 英語圏のネイティブには、香港など他のアジアの先進国と比較すると日本の英語発音 能力はやや低いと見る人も少なくはなく、日本の中学・高校での英語教育が口頭の コミュニケーションよりも読み書きを重視しているのが原因と見られています。 また、日本人英語教師の中には自身の発音に自信を持てず、生徒の発音を矯正しない のではないかという点も指摘されます。 他に、カタカナの影響で日本人の発音が良くないとみるネイティブもいます。 英語で話している時に日本人は英単語を日本式にカタカナに変換して発音しようと しているようだとの見方もあります。 反対に、発音はそこまで悪いとは見ず、積極的に英語でコミュニケーションを取ろうと しない日本人の姿勢の方が問題であると指摘する見方もあります。


日本人が発音が悪いのはなぜ?

日本人の英語の発音が悪い原因のひとつに、英語にはカタカナでは表記できない音がある ということが挙げられます。 英語には20の母音と24の子音、合計44の音素がありますが、日本語にはその約半分以下 しかありません。すなわち、カタカナで英語の音を表そうとしてもその音に対応する カタカナがない場合があるので、それらを表記する際には、その音に近いカタカナで 代用することになります。そのような表記が原因で英語の発音までカタカナに 引きずられてしまい、ネイティブの発音から遠ざかっていってしまう現象が起こって しまいます。


発音を改善するには?

では発音を改善するにはどうすればよいか。 そのひとつとして、英語にある44の音素をすべて発音できるようになることが挙げられます。 日本語には存在しない英語の音素は意識して練習しないと、正しく発音することはできません。 英語にあるすべての音素を発音できるようにするということは、単語レベルの発音を改善する上でも 不可欠といえます。唇や舌の位置を確かめながら発音練習をすることで、日本語にはない 英語の音素を練習することはできるでしょう。 そして日本人にとって、ネイティブの話し方はとても早口に聞こえます。少しでもネイティブ のように自然に聞こえるよう、つい早口で話してしまう方も少なくないでしょう。 しかし、そこは急ぎすぎてはいけないことを注意しないといけません。  はっきりと話すことのほうが早く話すことよりも相手に通じるのです。